おいしいコーヒーダイエット

コーヒーダイエットの効果

コーヒーの主な成分は、カフェインとクロロゲン酸というものなのです。

 

コーヒーに含まれているカフェインには、白色脂肪細胞(皮下脂肪)に蓄えられた脂肪を燃焼するための褐色脂肪細胞の働きを活発にするという働きがあるのです。

 

コーヒーダイエットで褐色脂肪細胞の働きが活発になると、基礎代謝が上がり痩せやすい状態になります。

 

コーヒーに含まれているもう一つの成分であるクロロゲン酸には老化を防止するという働きと血中遊離脂肪酸濃度を上げるという働きがあるといわれているのです。

 

血中遊離脂肪酸濃度を上げるということは、体内に貯蔵された脂肪を分解してエネルギーにするという働きが起こるのです。

 

このようにコーヒーダイエットを行なうことで、体の中の脂肪が燃焼されやすくなり、ダイエット効果が実感できるのです。

 

コーヒーダイエットでの基本はブラックで飲むことです。

 

それは、砂糖を入れることでカフェインやクロロゲン酸の働きが妨げられてしまうので、コーヒーダイエットを行なうのならブラックで飲む事をお勧めします。

 

コーヒーダイエットで1日に飲むコーヒーの量は、4〜5杯が適量のようです。

 

ダイエット効果があるのならもっとたくさん飲みたいと考える人もいるかもしれませんが、この量よりも大量にコーヒーを飲んだとしても効果に変化はないそうです。

 

1日に大量に飲んでしまうと胃への負担も大きくなり、コーヒーダイエットを続けることが困難になるなどの弊害も起こるので避けた方がよいでしょう。

コーヒーダイエットの効果関連エントリー


コーヒーダイエットの方法や注意点を紹介します

Copyright (C) 2010 コーヒーダイエットで無理せず痩せる All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

コーヒーダイエットの効果